不倫の慰謝料で探偵費用も払ってもらえる?払えない場合の対処法!探偵費用を安く済ませる方法もご紹介

探偵費用は安くても10万円、高額になる場合は100万円ほどかかることもあります。
高くて探偵費用を払えない…
でも、探偵事務所に不倫調査を依頼する必要がある…

そのような時は不倫相手に探偵費用を請求するという手があります。
今回は、探偵事務所に安く浮気調査を依頼する方法も併せて、探偵費用を払えない場合の対処法をご紹介します。

目次

不倫で慰謝料請求する場合、探偵費用も払ってもらえる?

不倫の慰謝料請求を示談で解決できる場合、相手が合意すれば探偵費用の全額を支払ってもらうことも可能です。

示談が成立しなければ探偵費用の請求を裁判で認めてもらう必要がありますが、そのためにはいくつかの条件を満たさなければなりません。

探偵費用を請求できるケース

探偵費用の請求は、探偵事務所に不倫調査を依頼する必要性が問われます。

下表のように相手が不倫を否定しており、探偵事務所に調査を依頼しなければ不倫を立証することができない状況であれば探偵費用の請求は認められます。

探偵費用の請求が認められる条件
  • 争点が不貞行為であること
  • 不倫を否定している
  • 探偵事務所に不倫調査を依頼する必要があった
  • 探偵事務所の不倫調査で不倫が発覚した
  • 探偵事務所の調査が不倫を立証する決定的な証拠となった

探偵費用を請求できないケース

探偵事務所に不倫調査を依頼する必要がなかった場合、探偵費用の請求は認められません。

例えば、相手が不倫を認めたのに調査を依頼するなど、手元にある証拠で不倫を立証できるにも関わらず、探偵事務所に調査を依頼した場合が該当します。

また、不倫の慰謝料請求は婚姻関係を破綻させる行為に対する賠償なので、すでに婚姻関係が破綻していた場合は不倫の慰謝料請求が認められないことがあります。

その場合、当然ながら探偵費用の請求も認められません。

探偵費用の請求が認められない条件
  • 争点が不貞行為ではない
  • すでに夫婦関係が破綻していた
  • 探偵事務所に不倫調査を依頼する必要がなかった

探偵費用を払えない場合の3つの対処法

探偵費用を払えない場合の3つの対処法

探偵費用を不倫相手に請求する以外にも、探偵費用を払えない場合の対処法はあります。
特に自分で浮気調査をするのはとてもおすすめです。

探偵事務所に依頼することに比べて格段に費用を抑えられるので、お金がない時はまず自分で調査を進めてみましょう。

自分で浮気調査をする

自分で浮気調査をすれば、探偵費用は0円も可能です。
変装グッズを購入したり、GPSレンタルサービスを利用しても、費用はかなり安く済みます。

自分でも調査できる5つの方法をご紹介します。

GPSレンタルサービスを使う

イチロク

GPSは尾行や張り込みと相性のいいアイテムです。
取り付けたGPSの情報をスマホで受信することができ、リアルタイムにパートナーの行動を把握することができます。

GPSは購入すると高額なため、浮気調査をする時だけレンタルするのがおすすめです。
イチロクは高性能GPS装置をリーズナブルな価格でレンタルできるので、非常にコスパのいいサービスです。

迷った時はイチロクを検討してみてはいかがでしょうか。

運営会社 株式会社ミッドリブ
お手軽GPSプラン 3日プラン:6,800円
7日プラン:9,800円
15日プラン:14,800円
Pro-GPS 3日プラン:14,800円
7日プラン:17,800円
15日プラン:22,800円
Pro-NEXT 3日プラン:18,800円
7日プラン:22,800円
15日プラン:28,800円
特徴 ・レンタルして使えるのでコスパがいい
・郵送で受取と返却ができる
・高性能のGPSを安くレンタルできる

浮気調査アプリを使う

浮気調査アプリをパートナーのスマホに仕込むと、GPSで行動を監視することができます。
その他、メールを見たり、カメラを起動して撮影するなど、様々な遠隔操作が可能なアプリもあります。

浮気調査アプリは証拠を掴める可能性が高いものの、違法性が高いことには注意が必要です。

スマホをチェックする

パートナーのスマホをチェックすると、メールや写真などから浮気の証拠が見つかる可能性があります。
尾行や張り込みと同じくらいに証拠を掴める可能性のある方法ですが、パスコードを解除できないことが多いです。

車内をチェックする

車内でチェックすべき場所はカーナビとドライブレコーダーです。
カーナビは履歴を確認することで、パートナーが車で行った場所を知ることができます。

ドライブレコーダーは前方や車内の映像を確認できるため、浮気相手が車に乗っていた場合は決定的な証拠が見つかることがあります。

ゴミ箱をチェックする

同棲している場合は、自宅の隅々までチェックしましょう。

特にゴミ箱はメモや領収書、クレジットカードの明細などの証拠が見つかることがあるので、パートナーが何か捨てた時はこっそりと確かめてみるのがおすすめです。

自白させる

相手が浮気を認めてくれれば、探偵事務所に不倫調査を依頼する必要もありません。
思い切って不倫を問い詰めるのも、探偵費用を払えない場合の1つの対処法です。

自白することは稀
ただし、あっさりと自白してくれることは稀です。
自分で浮気調査をして何かしらの証拠を掴んでから問い詰めるほうが成功しやすいです。

不倫は慰謝料請求や離婚、周囲に対するイメージの悪さなど、様々なデメリットがあります。
早く問題を解決するほうが身のため。

不安を感じやすい性格ほど白状しやすいので、相手の性格から判断するのもいいでしょう。

分割払いに対応している探偵事務所を利用する

どうしても探偵事務所に調査を依頼する必要があるなら、分割払いに対応している探偵事務所を利用するのもおすすめです。
クレジットカードで調査料を支払える探偵事務所もあります。

銀行のカードローンなども含めると本当に様々な方法があるわけですが、どのような方法を利用するにしてもポイントになるのは金利です。

まず、探偵事務所で分割払いができる場合、金利が発生するのかどうかはしっかりと確認しましょう。

その他の手段を利用する場合、金利が何%なのかを比較しながら最も金利が安い方法を選ぶのがベストです。

探偵に不倫調査を依頼するほうがよいケース

探偵に不倫調査を依頼するほうがよいケース

探偵費用を払えない時、本当に探偵事務所に不倫調査を依頼する必要があるのかを考えることも大切です。
探偵事務所に不倫調査を依頼する主なメリットは下表の4つです。

その中の「不倫の事実が分かる」と「調査報告書を入手できる」が探偵事務所に調査を依頼する目的です。
この2つのメリットによって、どのような場面で有利となるのかをご紹介しましょう。

探偵事務所に不倫調査を依頼するメリット
不倫の事実が分かる 疑いではなく事実が判明すると、離婚や復縁など今後にどうすべきかを決断できる。
調査報告書を入手できる 裁判で不貞行為を立証できる。
弁護士を紹介してもらえる 弁護士が在籍、あるいは弁護士事務所と提携している探偵事務所は多い。
アドバイスをもらえる 調査後は問題が解決するまで相談に乗ってくれる。

浮気をしているかどうかを確かめたい

自分で浮気調査をしても事実が分からず、それでも白か黒かをハッキリさせたいなら探偵事務所に依頼すべきです。
一般的にも不倫問題は夫婦の話し合いで解決するケースが多いですが、相手が浮気を認めなければ話が進みません。
そのため、先に事実を調査しておくほうが無難です。

もし、不倫をしていないことが判明すれば、何もする必要はありません。
浮気を疑っている時の精神的なストレスから解放され、パートナーと楽しい生活を送れるようになります。

不貞行為を理由に裁判で離婚を認めてもらいたい

裁判で離婚を認めてもらうためには離婚事由が必要です。
配偶者の不倫は離婚事由の1つですから、不貞行為を立証できれば裁判で離婚が認められます。

相手の不倫を理由に協議離婚を行ったものの、不倫を否定されて合意に至らず、離婚裁判に発展して不貞行為を立証する必要がある場合などに探偵事務所の調査報告書が役立ちます。

民法・第770条(裁判上の離婚)
1 配偶者に不貞な行為があったとき。
2 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
4 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用元:民法 | e-Gov法令検索

有責配偶者の離婚請求を拒否したい

婚姻関係が破綻する原因を作った配偶者を有責配偶者と言います。
原則として、有責配偶者からの離婚請求は認められません。

例えば、パートナーが不倫相手と結婚するために離婚を申し出た場合、不貞行為を立証すれば離婚請求は認められないので、婚姻関係を続けることができます。

不倫の慰謝料請求をしたい

証拠がない状態でも不倫の慰謝料請求は可能です。
しかし、示談交渉が決裂すると裁判になるため、その際に不貞行為を立証するために不倫の証拠が必要となります。

また、弁護士に慰謝料請求を依頼すると、最初に証拠能力を精査して勝てるかどうかを判断してくれます。

証拠がない場合
証拠がなくて勝てる見込みが薄い場合、慰謝料請求の通知書を送ると法的措置への不安からあっさりと不倫を認めて示談が成立するケースもありますが、逆の場合を考慮すると証拠を揃えてから慰謝料を請求するほうがいいでしょう。

探偵に不倫調査を依頼しないほうがよいケース

探偵に不倫調査を依頼しないほうがよいケース

一方、探偵に不倫調査を依頼しないほうがよいケースは、どのような状況があるのでしょうか。
主な4つのケースをご紹介します。

相手に請求する費用よりもコストが高く付く

探偵費用を払えない場合、慰謝料よりも探偵費用が高く付く場合は依頼しないほうがいいでしょう。
不倫の慰謝料請求は100万円~300万円、探偵費用は10万円~100万円。

相場だけで判断するなら探偵を雇ってもプラスになるケースが多いと推測できますが、状況によってケースバイケースなので一概にプラスになるとは言い切れません。

まず、今の不倫の状況からどのくらいの慰謝料を取れるのかを弁護士に相談するのがおすすめです。

ポイント
慰謝料は婚姻期間や不倫期間など様々な要因から増減されるため、不倫の慰謝料請求に詳しい弁護士に相談してアドバイスをもらうのがベターです。

次に数社の探偵事務所で見積比較を行い、総額でどのくらいの探偵費用なのかを調べましょう。

すでに浮気の証拠がある

自分で浮気調査をしてすでに証拠がある場合、その証拠で不貞行為を立証できるなら探偵事務所に調査を依頼する必要はありません。
どのような証拠が裁判で有効なのかは弁護士に相談すれば判断してくれます。

基本的には肉体関係を推測できる内容であれば認められるため、ラブホテルを出入りする写真などが有効です。

相手が不倫を認めている

相手が不倫を認めている場合は、探偵事務所に調査を依頼する必要はありません。
すでに相手が不倫を認めているので、慰謝料請求をしても示談が成立します。

仮に交渉が決裂しても、自白は不倫の証拠になります。

不倫をしていたとしても、何も行動を起こすつもりがない

もし、パートナーが不倫をしていたとしても、何も行動を起こすつもりがないなら探偵事務所に調査を依頼してもコストが高く付くだけです。
事実だけは知っておきたい。

このような理由で依頼するのも気持ちは分かりますが、探偵費用を払えない状況で無理をするのはおすすめできません。

大切なのは円満な夫婦関係を築くことです。
パートナーが不倫をしていたなら、その問題を解決しない限り、あなたの心に平穏は訪れないのではないでしょうか。

探偵費用を安く済ませる3つのコツ

探偵費用を安く済ませる3つのコツ

探偵費用を払えない状況では、できるだけ探偵費用を安く抑えるのも重要なポイントです。
探偵費用を安く済ませる3つのコツをご紹介します。

出来る限り自分で浮気調査を進めておく

探偵費用は調査時間を短縮するほど安くなります。
そのため、自分で浮気調査を進めておくのは効果的です。

自分で浮気調査を進めると情報が揃うため、その情報を探偵に共有すれば調査時間を短縮して費用を安くできます。

特に費用に直結しやすい情報は、パートナーが浮気をする日です。
浮気をする日が分かっていると、その日に調査をすれば結果が判明する可能性が高いため、大幅な探偵費用の節約に繋がります。

住所や氏名などの
基本情報
パートナーの情報だけではなく、浮気相手の情報も揃えておけばさらに調査時間を短縮しやすい。
写真 最近の写真を数枚ほど用意しておくのがおすすめ。
車の車種やナンバー パートナーの車をスマホで撮影しておくと分かりやすい。
よく出かける場所 日常的によく出かけるお店などの情報があると便利。
日頃の行動パターン 勤務時間や帰宅時間など、時系列で行動パターンをメモしておくのがおすすめ。
浮気をする可能性が高い日 帰宅が遅い日、あるいは休日など。浮気をする可能性が高い日を絞っておくのがおすすめ。

1つの証拠を掴んだ時に弁護士に相談する

1つの証拠を掴んだタイミングで、その証拠が裁判で有効かどうかを弁護士に聞いてみるのもおすすめです。

もし、その証拠で不貞行為を立証できるなら、それ以上の調査は必要ないため、早期に調査を切り上げて探偵費用を安く抑えることができます。

優秀な探偵事務所を絞って見積比較を行う

見積比較を行うのも探偵費用を安く済ませる効果的な方法です。
費用が安くても結果が出なければ意味がないため、優秀な探偵事務所に絞って数社で見積りを取るのが好ましいです。

優秀な探偵事務所の探し方は、単純にホームページに公開されている情報量を比較するのがおすすめです。
情報量が多いと魅力や特徴が分かるため、情報が少ない探偵事務所と差別化して判断することができます。
あとは、実際に相談した時の印象も比較しておきたいポイントです。

見積比較におすすめの大手探偵事務所・興信所3選!

見積比較におすすめの大手探偵事務所・興信所3選!

全国には非常に多くの探偵事務所があるので、見積りを取る事務所を選ぶだけでも大変です。
信頼性の高い探偵事務所が見つからない時は、これからご紹介する3社を検討してみてください。

ラビット探偵社

ラビット探偵社

ラビット探偵社は業界トップクラスの実績が魅力の大手探偵事務所です。
全国的に運営年数や相談件数などの実績を公表していない探偵事務所は多いため、実績で選ぶならラビット探偵社は筆頭候補となります。

設立は2011年。
11年以上の運営実績があり、累計の相談件数は10万件以上です。
浮気調査だけでも年間に1万6,000件以上の実績があります。

相談と見積りは完全無料なので、まずは気軽にお問い合わせをしてみてください。

拠点数 全国14拠点
本社 【東京都公安委員会・探偵業届出証明書番号】第30150236号
【住所】東京都港区芝1-15-14 オフィスニューガイアNo.16 3階
三田駅から徒歩6分
浮気調査の料金 1時間定額プラン:7,700円~
パックプラン:相談でご提案
特別プラン:相談でご提案(期間限定)
特徴 ・2011年の設立以来、累計10万件以上の相談実績がある
・浮気調査の相談は年間1万6,000件以上
・業界内でもトップクラスの実績から信頼性が非常に高い

AKI探偵事務所

AKI探偵事務所

AKI探偵事務所は東京都の立川に拠点を構える探偵事務所です。

パックプランが豊富に用意されているのが魅力で、長時間調査になるほど1時間あたりの料金が安くなります。
また、人件費や交通費などの経費がパック料金に含まれているのも嬉しいポイントです。

他社の場合、別途経費が発生するところもあります。
そのような探偵事務所と総額を比較した場合、AKI探偵事務所のほうが費用が安くなる可能性があります。

見積比較の候補として抑えておきましょう。

拠点数 全国1拠点
本社 【東京都公安委員会・探偵業届出証明書番号】第30170172号
【住所】東京都立川市錦町1-4-20 TSCビル5F
立川南駅から徒歩7分
浮気調査の料金 3時間パック:10万8,900円
15時間パック:49万5,000円
25時間パック:77万円
60時間パック:165万円
120時間パック:290万4,000円
特徴 ・長時間パックになるほど1時間あたりの料金が割安
・パック料金には人件費等の諸経費が含まれている
・相談と見積りは無料、出張面談も無料で対応してくれる

安心探偵.COM

安心探偵.COM

安心探偵.COMは探偵事務所を紹介してくれるサービスです。
全国に対応しているので、特に探偵事務所の少ないエリアでは非常に便利です。

厳しい審査基準をクリアした探偵事務所を紹介してくれるため、安心探偵.COMに相談すれば簡単に優秀な探偵事務所が見つかります。
もちろん、紹介料は無料。

さらに安心探偵.COM経由で依頼すると、調査料が最大20%OFFになるのも大きな魅力です。

対応エリア 全国
運営会社 株式会社あどまる
住所 東京都渋谷区代々木4丁目30-5 フェニックス西参道タワー
探偵事務所と提携するための審査基準 ・探偵業届出証明書を取得
・見積りの説明が丁寧
・調査実績500件以上
・15名以上の調査員が在籍
特徴 ・無料で優秀な探偵事務所を紹介してもらえる
・安心探偵.com経由で依頼すると調査料が最大20%OFF
・紹介してもらった探偵事務所とトラブルが起こった時のために弁護士特約がある

探偵費用に関するよくある質問

探偵費用に関するよくある質問

最後に探偵費用に関するよくある疑問をご紹介します。
探偵事務所に不倫調査を依頼する際の参考にしてみてください。

探偵費用の相場はいくら?

探偵費用の相場は10万円~100万円です。
調査時間をどれだけ短縮できるのかがポイントなので、費用を抑えるなら浮気をする日にピンポイント調査を依頼するのがおすすめです。

探偵費用の内訳は?

探偵事務所によって内訳は様々です。
1つの大きな違いとなるのは経費であり、経費が調査料に含まれているところがあれば、経費が別途発生するところもあります。

ポイント
いずれにしても、探偵業法では最大限の料金を提示しなければならないというルールがあるため、見積りを取れば大よその総額として費用を提示してもらうことができます。

探偵費用を支払うタイミングは?

探偵費用を支払うタイミングは、前払いと後払いがあります。
その他、証拠を取れなければ0円の完全成功報酬制の場合、着手金を前払いして成功報酬を後払いで支払うケースもあります。

探偵費用の支払方法は?

探偵費用の支払方法は、銀行振込と現金が主流です。
その他、クレジットカードや電子マネーに対応しているところがありますし、分割払いができるところもあります。

しかし、全国的には銀行振込と現金以外の支払方法に対応している探偵事務所は少ないです。

探偵費用に追加料金はある?

基本的に探偵費用は見積りで提示された金額に収まることが多いですが、調査を延長した場合などは追加料金が発生することもあります。
その場合、勝手に追加料金がかかるわけではなく、先に調査を延長するかどうかなどの説明があります。

まとめ

探偵費用を払えない場合、不倫相手に請求したり、自分で浮気調査を行うなど、様々な対処法があります。

探偵事務所に調査を依頼する必要性も関係してくるため、調査後にどのような行動を起こしたいのかも考えながら検討してみてください。