浮気調査の費用は不倫相手に請求できる?判決が下された事例も合わせて解説

浮気調査の費用は安くはありません。
20万円~50万円ほどかかることが多く、長期調査になると100万円ほど必要なケースもあります。

これらの費用は浮気をされたから発生するわけであり、不倫相手に浮気調査の費用を請求したいと思う方も少なくないでしょう。

そのような方に向けて、今回は浮気調査の費用を不倫相手に請求できるかどうかを詳しく解説します。

目次

浮気調査の費用は不倫相手に請求できる?

結論から言いますと、浮気調査の費用は不倫相手に請求できることがあれば、請求できないこともあります。
また、請求が認められた場合、全額を請求できるのは稀であり、1~2割程度しか認められないケースがほとんどです。

浮気調査の費用を不倫相手に請求するためには条件を抑えておく必要があります。
次の項目で請求が認められる条件と認められない条件をご紹介します。

浮気調査費用の請求が認められる条件

浮気調査費用の請求が認められる条件

浮気調査費用の請求を認めてもらうためには、下表のように5つの条件を満たす必要があります。
それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

浮気調査費用の請求が認められる条件
  • 争点が不貞行為であること
  • 不倫を否定している
  • 探偵事務所に浮気調査を依頼する必要があった
  • 探偵事務所の浮気調査で不倫が発覚した
  • 探偵事務所の浮気調査が不倫を立証する決定的な証拠となった

争点が不貞行為であること

法律では、不倫は不貞行為と呼ばれています。
不貞行為は民法第770条で認められている離婚事由の1つです。

不倫の慰謝料請求について
不倫の慰謝料請求とは、不貞行為によって発生した損害を賠償してもらうための請求です。
その請求を認めてもらうために不倫の証拠が必要であり、だからこそ探偵事務所に浮気調査を依頼しなければならない状況もあるわけです。

よって、浮気調査費用の請求を認めてもらうためには、争点が不貞行為であることが絶対条件です。

不倫を否定している

浮気調査費用の請求を認めてもらうためには、相手が不倫を否定している必要があります。
不倫を認めている場合、浮気調査の必要がないと判断されるからです。

一般的にも相手が自白しているにも関わらず、探偵事務所に浮気調査を依頼する人は少ないでしょう。
相手が認めてくれないから探偵事務所に浮気調査を依頼する。

このような自然な浮気調査の流れであれば問題ありません。

探偵事務所に浮気調査を依頼する必要があった

1つ前にご紹介した条件と似ていますが、浮気調査費用の請求を認めてもらうためには、探偵事務所に浮気調査を依頼する必要があったという理由がなければ認められません。
自分で調査をして証拠を掴んだり、相手が自白した場合など、このような状況は探偵事務所に浮気調査を依頼する必要がなかったと判断されます。

探偵事務所の浮気調査で不倫が発覚した

探偵事務所の浮気調査で不倫が発覚した。
これも浮気調査費用の請求を認めてもらうための条件です。

探偵事務所の浮気調査で不倫が発覚しなければ、探偵事務所を利用する必要はなかったと判断されます。

探偵事務所の浮気調査が不倫を立証する決定的な証拠となった

依頼した浮気調査の結果が不倫を立証するための決定的な証拠となった。
これは1つ前にご紹介した理由と同じで、浮気調査の依頼の必要性が判断されるポイントです。

浮気調査費用の請求が認められない条件

浮気調査費用の請求が認められない条件

浮気調査費用の請求が認められないケースは、先ほどご紹介した5つの条件を満たせなかった場合です。
主な3つのポイントを見ていきましょう。

浮気調査費用の請求が認められない条件
  • 争点が不貞行為ではない
  • すでに夫婦関係が破綻していた
  • 探偵事務所に浮気調査を依頼する必要がなかった

争点が不貞行為ではない

浮気調査費用の請求を認めてもらうためには、不貞行為が争点であることは絶対条件です。
不貞行為を争っていないのに浮気調査を依頼するのは極めて稀ですが、相手に金銭的なダメージを与えたいという他の理由で浮気調査費用を発生させても請求は認められません。

すでに夫婦関係が破綻していた

不倫が発覚した時、すでに何か別の理由で夫婦関係が破綻していると、不倫の慰謝料請求が認められないケースがあります。
不倫の慰謝料請求が認められないのであれば、当然ながら浮気調査費用の請求も認められません。

法律上は民法第752条で「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」という義務が定められています。
この義務を果たせていない場合、夫婦関係が破綻していると言えます。

不貞行為の責任は婚姻関係による利益を侵害することにあるため、すでに夫婦関係が破綻している場合は侵害する利益がないと判断され、慰謝料請求が認められないことがあります。

探偵事務所に浮気調査を依頼する必要がなかった

探偵事務所に浮気調査を依頼する必要がなかったと判断されると、浮気調査費用の請求は認められません。

基本的に不倫の証拠の探し方は3つです。
一般的に不倫の証拠を探す時は下表の流れとなりますが、単純に探偵事務所に依頼しなければ不倫を立証できない状況であれば問題ありません。

相手を疑う・問い詰める ・相手が不倫を認めなかった
自分で浮気調査する ・時間がなくて調査できない
・調査の方法が分からない
・調査をしても証拠を掴めなかった
探偵事務所に浮気調査を依頼する ・最終的に探偵事務所に依頼する必要があった

浮気調査費用の請求が受理された判例と棄却された判例

浮気調査費用の請求が受理された判例と棄却された判例

浮気調査費用の請求が認められるかどうかは本当にケースバイケースです。
実際、どのような判例があるのかをご紹介します。

浮気調査の一部の費用の支払いが認められた判例

2021年3月24日、東京地裁の判例です。

2021年3月24日の判例
浮気調査費用は46万4,458円。
不倫の当事者が浮気を認める可能性が低く、探偵事務所に浮気調査を依頼しました。
探偵事務所の浮気調査によって不倫の事実が判明し、探偵事務所に浮気調査を依頼するのはやむを得ないと判断されました。
請求が認められたのは46万4,458円の内、10万円です。

引用元:春田法律事務所

浮気調査の費用の全額が認められた判例

2020年12月17日、東京地裁の判例です。

2020年12月17日の判例
浮気調査費用は27万1,101円。
パートナーの浮気に疑いを持ち、探偵事務所に浮気調査を依頼しました。
調査結果で不倫があったことが分かり、東京地裁は探偵事務所に浮気調査を依頼する必要性を認めました。
調査期間が1日と短かったこともあり、この判例では27万1,101円の全額が認められました。

引用元:春田法律事務所

浮気調査の費用の請求が認められなかった判例

2015年12月2日、東京地裁の判例です。

2015年12月2日の判例
こちらの判例は、被告が不倫を認めている事案でした。
すでに事実が判明していることから不貞行為が争点にはならず、原告が探偵事務所に浮気調査を依頼する必要はありませんでした。
よって、東京地裁は不貞行為と浮気調査費用の因果関係を認めませんでした。

引用元:弁護士法人ロイヤーズハイ

浮気調査費用を請求する際に抑えておきたいポイント

浮気調査費用を請求する際に抑えておきたいポイント

浮気調査費用の請求は不倫の慰謝料請求と関係が深いです。
不倫の慰謝料請求の相場、そして探偵事務所の浮気調査費用の相場は抑えておきたいポイントです。

示談の場合、裁判よりも高い金額で合意できることもある

浮気調査費用は裁判の前に示談で交渉することができます。
示談の場合、こちらの条件に対して相手が合意をすれば成立するため、裁判の判決よりも高額な浮気調査費用を賠償させられるケースもあります。

不倫の慰謝料請求は100万円~300万円が相場

不倫の慰謝料請求は100万円~300万円が相場です。
離婚に至った場合は慰謝料が高くなる傾向があります。

また、婚姻関係の期間や相手の謝罪の有無など、様々な要因から慰謝料は増減します。

浮気調査の費用は10万円~100万円が相場

浮気調査は10万円~100万円が相場です。
調査時間が短いほど費用が安く済むため、浮気に関する情報を出来る限り揃えておくのがおすすめです。

また、数社で見積比較を行うのも安く依頼する効果的な方法です。

失敗しない探偵事務所・興信所の選び方

失敗しない探偵事務所・興信所の選び方

浮気調査費用の請求を行うためには、調査を成功させるためにも安全かつ信頼できる探偵事務所を選ぶことが欠かせません。
失敗しないために意識しておきたいポイントをご紹介します。

探偵業届出証明書を確認する

探偵業法では、探偵業を行う際に探偵業届出証明書を取得する決まりとなっています。
探偵業届出証明書を取得せずに探偵業を行うのは違法です。

安全な探偵事務所を選ぶために探偵業届出証明書を確認しましょう。

住所が分かる探偵事務所を選ぶ

住所が不明な探偵事務所は、本当に事務所があるのかどうか分かりません。
探偵業届出証明書を取得するための提出書類には営業所の住所を記載する項目があるので、住所が分からない場合は探偵業届出証明書を取得していない可能性もあります。

探偵業届出証明書と住所はセットで確認するのが安心です。

特徴や魅力が明確な探偵事務所を選ぶ

全国には5,000社以上の探偵事務所がありますが、特徴や魅力の分からない探偵事務所は多いです。

ホームページに掲載されている情報が多いほど特徴や魅力が分かるため、あまりにも情報が少ない探偵事務所を選ぶ時は面談でしっかりと見極めたいところです。

実績のある探偵事務所を選ぶ

運営年数や調査件数などの実績が豊富な探偵事務所は信頼性が高いです。

業界全体を見ても実績を細かく公表している探偵事務所は少ないため、何よりも信頼性を重視したい場合は実績を基準に依頼先を絞っていくのがおすすめです。

相談の対応が丁寧な探偵事務所を選ぶ

相談の対応が丁寧かどうかも大切なポイントです。
料金の説明が曖昧だったり、強引に契約させようとする探偵事務所はおすすめできません。

探偵事務所によって相談力は本当に大きな違いがあるため、見積比較をする際に相談力もしっかりと比較しましょう。

安全かつ信頼性が高い!おすすめの大手探偵事務所・興信所5選!

安全かつ信頼性が高い!おすすめの大手探偵事務所・興信所5選!

最後に安全かつ信頼性が高いおすすめの探偵事務所をご紹介します。
どのような探偵事務所に相談すべきか迷った時は、これからご紹介する探偵事務所から検討してみてはいかがでしょうか。

ラビット探偵社

ラビット探偵社

ラビット探偵社は2011年に設立された大手探偵事務所です。

11年以上の運営実績から累計の相談件数は10万件以上。
浮気調査だけでも年間に1万6,000件以上の相談実績があります。

浮気調査の料金は1時間あたり7,700円。
パックプランは個別に最適な調査計画をプランニングしてもらうことも可能です。

業界トップクラスの実績から信頼性は抜群です。

拠点数 全国14拠点
本社 【東京都公安委員会・探偵業届出証明書番号】第30150236号
【住所】東京都港区芝1-15-14 オフィスニューガイアNo.16 3階
三田駅から徒歩6分
浮気調査の料金 1時間定額プラン:7,700円~
パックプラン:相談でご提案
特別プラン:相談でご提案(期間限定)
特徴 ・2011年の設立以来、累計10万件以上の相談実績がある
・浮気調査の相談は年間1万6,000件以上
・業界内でもトップクラスの実績から信頼性が非常に高い

AKI探偵事務所

AKI探偵事務所

AKI探偵事務所は長期調査を依頼したい時に最適な探偵事務所です。
長時間のプランになるほど1時間あたりの料金が安くなるのが魅力です。

パックプランの料金には経費が含まれているので、人件費や交通費などの諸経費が別途発生する探偵事務所よりも総額が安くなる可能性があります。

事務所の場所は東京の立川市。
相談と見積りは完全無料で、全国への出張にも無料で対応してくれます。
まずは、気軽にお問い合わせをしてみてください。

拠点数 全国1拠点
本社 【東京都公安委員会・探偵業届出証明書番号】第30170172号
【住所】東京都立川市錦町1-4-20 TSCビル5F
立川南駅から徒歩7分
浮気調査の料金 3時間パック:10万8,900円
15時間パック:49万5,000円
25時間パック:77万円
60時間パック:165万円
120時間パック:290万4,000円
特徴 ・長時間パックになるほど1時間あたりの料金が割安
・パック料金には人件費等の諸経費が含まれている
・相談と見積りは無料、出張面談も無料で対応してくれる

安心探偵.COM

安心探偵.COM

安心探偵.COMは探偵事務所を紹介してくれるサービスです。
初めて探偵事務所を利用する場合、どこに相談すべきか迷うと思います。
そのような時に安心探偵.COMは便利です。

調査実績500件以上など、厳しい基準をクリアした探偵事務所だけを紹介しているため、安心探偵.COMに相談すれば簡単に優秀な相談先を見つけられます。

また、安心探偵.COM経由で依頼すると、調査料が最大20%OFFになるのも大きな魅力です。

対応エリア 全国
運営会社 株式会社あどまる
住所 東京都渋谷区代々木4丁目30-5 フェニックス西参道タワー
探偵事務所と提携するための審査基準 ・探偵業届出証明書を取得
・見積りの説明が丁寧
・調査実績500件以上
・15名以上の調査員が在籍
特徴 ・無料で優秀な探偵事務所を紹介してもらえる
・安心探偵.com経由で依頼すると調査料が最大20%OFF
・紹介してもらった探偵事務所とトラブルが起こった時のために弁護士特約がある

あい探偵事務所

あい探偵

あい探偵事務所は全国に拠点を展開する大手探偵事務所です。
東京や大阪などの都会にしか拠点がない事務所も多いので、地方で浮気調査を依頼したい時にいい候補となります。

浮気調査の料金は1時間2,500円。
他社と比較してもあい探偵事務所の料金は業界最安水準です。

また、証拠を取れなければ0円の完全成功報酬制で依頼できるのも魅力です。

拠点数 全国49拠点
本社 【東京都公安委員会・探偵業届出証明書番号】第30130200号
【住所】東京都港区南青山2-2-8
青山一丁目駅から徒歩3分
浮気調査の料金 基本料金:2,500円~
完全成功報酬制:相談でご提案
特徴 ・全国各地に拠点を構える大手探偵事務所
・1時間あたりの調査料金は業界最安水準
・結果が出なければ調査料は無料

東京探偵社ALG

東京探偵社ALG

東京探偵社ALGは関東に4拠点を構える探偵事務所です。
15年以上の経験があるベテラン調査員を採用しており、調査力に定評があります。

探偵は経験と技術で大きな差が出ると言われる職業なので、経験豊富な探偵が在籍しているのは安心に繋がるポイントです。

浮気調査の料金は1時間6,600円。
お問い合わせはLINEにも対応しているので、気軽にコンタクトを取りやすいです。

拠点数 全国4拠点
本社 【東京都公安委員会・探偵業届出証明書番号】第30130348号
【住所】東京都新宿区西新宿6-22-1 新宿スクエアタワー28F
西新宿駅から徒歩7分
浮気調査の料金 1時間:6,600円~
特徴 ・15年以上のベテラン調査員を採用
・弁護士法人企業のグループとして営業
・LINEで相談可能、LINEで報告書を閲覧可能

まとめ

浮気調査の費用は、条件を満たせば不倫相手への請求が認められるケースがあります。
ただし、判例でもご紹介したように全額が認められるケースは稀であり、大抵は浮気調査でかかった費用の1~2割程度です。

それでも探偵事務所の浮気調査費用は高額ですから、請求が認められれば金銭的なメリットは大きいです。