浮気の兆候がある人の嘘のつき方

浮気をしている方は、嘘のつき方に特徴があるため、じっくり日頃の言動を観察すれば、嘘を見抜くことができます。

浮気の兆候を早く察知できれば、浮気の証拠をつかんで自分に有利に話を進めることも可能です。

今回は、浮気をする時によく使われる嘘のつき方や、嘘を隠そうとする心理について詳しくご紹介します!

なぜ浮気を隠そうとする心理が働くのか?

浮気をしたことを隠そうとする心理は、多くの場合3つに分けられます。
どんな気持ちで嘘をついているのか、相手の心理を読み解いてみましょう。

配偶者(恋人)と別れる気がないから

まず、浮気を隠そうとする心理が働きやすいのは、浮気が完全な「遊び」で、配偶者が「本命」の場合です。

配偶者に嫌われたくない気持ちで嘘をつく
配偶者(恋人)と別れる気が全くなく、「配偶者に嫌われたくない!」という強い気持ちから、浮気を何がなんでも認めたがらず嘘をつく傾向があります。

浮気は許せないことですが、この場合はあくまで「肉体の浮気」であり、心の本命は変わらないという点が特徴です。

特に、配偶者とスキンシップについて温度差がある場合、満たされない部分を浮気で埋めようとするケースが見られます。

配偶者にスキンシップを求めても、「忙しい」「疲れている」と何度も断られ、その満たされない思いが「浮気」へつながってしまったというケースは少なくありません。

こうした場合、浮気をした方ばかり責めても、問題は解決できないもの。
浮気の原因となった「夫婦間のスキンシップの問題」に向き合うことが必要になります。

世間体を気にして大きな騒動にしたくないから

浮気を隠したがる心理として、「世間体を気にしているから」という理由も挙げられます。
浮気を認めてしまうと、配偶者から離婚を言い渡され「浮気が原因で離婚」という最悪の結末を迎える可能性が出てきます。

今は離婚に対して寛容な時代ですが、いまだに「浮気」や「不倫」に対しては否定的な方が多い傾向。

そのため、自分の浮気が原因で離婚したとなれば、当然周囲から厳しい視線を注がれることが安易に想像できます。

自分自身の気持ちにまだ迷いがあるから

浮気を隠したがる心理として意外に多いのが「自分自身の気持ちにまだ迷いがあるから」という理由です。

浮気相手のことが遊びでないケース
浮気相手のことを遊びではなく、本当に愛し始めている可能性があり、別れ(離婚)も視野に入れ、どちらと一緒になるか真剣に悩むケースが見られます。

これまでご紹介してきた浮気を隠したがる心理の中で、浮気をされた方が、恐らく一番辛く感じる理由かもしれません。

浮気をされても「本命はあなた」と言われれば、浮気相手より自分が優位に立っていると感じられるため、悪い気はしませんよね。

しかし、「浮気相手とどっちにしようか迷っている」と言われると、自分より格下だと思っていた浮気相手と自分が天秤にかけられているようで、プライドが大きく傷つくもの。

正直な理由を言えば相手が傷つくとわかっているからこそ、嘘をついて隠そうとする心理が働くのです。

浮気をする時によく使われる嘘のつき方5選

浮気をする時によく使われる嘘のつき方5選
次に、浮気をする時によく使われる嘘のつき方についてご紹介します。
浮気の兆候を早く察知できるように、嘘のつき方のパターンを覚えておきましょう。

残業・休日出勤

残業や休日出勤は、浮気をする時によく使われる嘘のつき方の王道パターンです。
「仕事」と言われると、わがままを言うことができなくなってしまうため、多くの方は「だったら、仕方ないね」と、そのまますんなり引き下がることが多いでしょう。

仕事なら配偶者から邪魔されないと計算して、「残業」や「休日出勤」を理由に浮気相手と会うケースが目立ちます。
「出張」と言い訳をして、浮気相手とお泊り旅行に出かける場合も少なくありません。

突然残業や休日出勤が増えた場合
ある日を境に突然「残業・休日出勤・出張」などが多くなった場合は、浮気を疑ってみる必要があります。
残業や休日出勤が本当の話であれば、「給与明細」を見れば一目瞭然です。
残業や休日出勤が多くなれば、当然それに伴い「収入」も増えるはずです。

給与が変わらず、残業や休日出勤ばかりが増えるなら、それは会社が労働基準法に違反しているか、残業や休日出勤が嘘で浮気しているか、どちらかの可能性が強まります。

そのため、残業や休日出勤の割に、給与額が全く見合わない場合は、本当に休日出勤や出張があったのか、実際に会社に確認してみるのも一つの手段です。

飲み会

「飲み会」も浮気をする時によく使われる嘘のつき方の一つです。
実際にお酒が好きで、以前から友人たちとの飲み会が多かった場合は、嘘かどうか見極めるのはかなり難しいかもしれません。

飲み会であれば朝帰りになることも少なくないため、浮気をする方からすれば、好都合な言い訳と言えます。

ただし、飲み会の嘘を見抜く方法が全くないというわけではありません。
飲み会から帰宅した後、「お風呂に入った痕跡」があるかどうかを確認することで、浮気相手の元へ行ったかどうか判断することができます。

通常、飲み会に行った後は、酒臭さが残り、あまり清潔感のある匂いが残りにくいもの。
しかし、浮気相手と会っていれば、肉体関係を持つ前後にお風呂に入ることが多いため、飲み会に行ったにも関わらず、清潔感のある匂いが残りやすくなります。

特に、普段使っているシャンプーや香水などとは違う匂いがする場合は、浮気相手の家やホテルでお風呂に入った時についた可能性があるので注意が必要です。

身内の都合

「身内の都合」を頻繁に使う場合も、浮気の兆候がある嘘のつき方です。
これまで身内と疎遠だった人が身内の都合を頻繁に言い出すようになった場合は、特に注意しないといけません。

実在しない家族を言い訳に
タチが悪い場合は、浮気を隠すために「架空の家族」を作り出し、言い訳に使うこともよくあります。
実際には存在しないはずの兄妹や従兄、実際には元気でピンピンしているのに危篤設定の両親など、浮気を隠すために家族を利用するケースは少なくありません。

ただし、嘘に嘘を重ねていくと、本人も嘘をついた内容を忘れてしまい、話にほころびが出てくるようになります。

例えば、以前に「未成年の妹の面倒を見ないといけない」と約束をドタキャンしてきたのに、数ヶ月経ってから「妹さん元気?」と話を振ったら「は?妹なんていないよ?」と否定されるケースなどが代表的です。

友達との付き合い

浮気の言い訳に利用されるのは身内だけではなく、「友達との付き合い」も定番になっています。

友達との付き合いは、浮気なのか本当なのか判別するのが難しい嘘のつき方なので、慎重に見極めないといけません。

相手に不信感を抱かれる場合も
万が一、友達との付き合いが本当だった場合、浮気疑惑を向けられたことに対して「そんなに信用できない?」と、逆に相手から不信感を持たれるようになる可能性があります。

また、浮気に対して寛容な友人が多い場合は、浮気に協力している場合もあるため、友人の言葉を鵜呑みにするのも危険です。

ただし、友人たちと日頃から良好な関係を結んでおくと、中には「○○と浮気しているよ」と情報を提供してくれる頼もしい味方にもなってくれます。

体調不良

浮気でよく使われる嘘のつき方の一つに、「体調不良」も挙げられます。
「体調が悪い」と言われてしまうと、そのまま理由を信じてしまう方も多いでしょう。

しかし、浮気を隠そうとする人は、「体調不良と言えば深く追求されないはず」と計算した上で、嘘をついていることも少なくありません。

体調不良と言えば、連絡にすぐ出なくても「寝ていてわからなかった」と言い訳をすることもできるため、浮気をする時には便利な理由と言えます。

ただし、体調不良は何度も利用すると怪しまれてしまうため、実際に利用される頻度はそれほど多くないかもしれません。

日常生活の中でよく見られる浮気中の嘘のつき方や変化

日常生活の中でよく見られる浮気中の嘘のつき方や変化
次に、浮気の兆候がある嘘のつき方や変化について解説します。
どんな行動が見られた時に浮気を疑った方が良いのかチェックしておきましょう。

突然優しくなる

まず、浮気の兆候がある嘘のつき方として、「突然優しくなる」という特徴があります。
こうした優しさは、浮気をしているという罪悪感から生じやすいもの。

そのため、「以前よりも何だか優しくなった」と感じる場合は、浮気をしている可能性があるので注意が必要です。

浮気の兆候が見られる場合は、優しくすることで浮気をカモフラージュしようとしている可能性があります。

言い訳や逆切れが多くなる

浮気の兆候がある嘘のつき方として、「言い訳や逆切れが多くなる」という特徴もよく見られます。

言い訳や逆切れをしてしまうのは、浮気をしているという事実を指摘され、相手が焦っている証拠。

図星だからこそ過剰に反応してしまい、浮気を否定するため敢えて強い態度に出てしまうのです。

つじつまの合わない会話が増える

浮気の兆候がある嘘のつき方として、「つじつまの合わない会話が増えること」も挙げられます。

浮気をしている人は、嘘に嘘を重ねていく傾向があり、あまりにも多くの嘘をつきすぎた結果、話のつじつまが合わなくなるもの。

矛盾点を都度確認する
「前と言っていることが違う」と思うようになった時は、その矛盾点をしっかり説明できるか、その都度よく確認することが重要です。

もしも、矛盾点を説明できないようであれば、浮気をしている可能性が高いと言えるでしょう。

スマホに触ると過剰反応する

浮気でよくある嘘のつき方として「スマホに触ると過剰反応する」というのも代表的です。
スマホは浮気をするために必要な道具。

浮気相手の連絡先や画像など、見られなくないものが多く詰まっているため、本命の相手には触れさせたくないという気持ちが強くなりやすいのです。

そのため、浮気をしている人は、少しでもスマホに近づくと嫌がるような素振りを見せることがよくあります。

浮気や嘘がバレるきっかけ

浮気や嘘がバレるきっかけ
浮気や嘘がバレる時には、きっかけとなる出来事があります。
どんなことがきっかけとなり浮気や嘘がバレるのか確認していきましょう。

ラインのポップアップ通知

浮気や嘘がバレるきっかけとして、意外に多いのが「ラインのポップアップ通知」です。

ラインのポップアップ通知
アプリを開かなくても最初の数文字は誰でも読めてしまうため、たまたま目にして相手の浮気を知ってしまうという方も少なくありません。

だからこそ、浮気をしている本人も、ラインのポップアップ通知に過剰に反応してしまうケースがよく見られます。

親切心から携帯を取ってあげようとしただけなのに、「勝手に触らないで!」と急に機嫌が悪くなるような場合は注意が必要です。

SNSを見られる

浮気や嘘がバレるきっかけとして、「SNS」もよくあるパターンです。
最近は、「本アカ」とは別に「裏アカ」を持っている人も多く、「裏アカならバレないだろう」と、浮気相手との写真を平気で投稿している人もいます。

しかし、本人が思っているよりも裏アカはバレやすく、「フォロワー」や「噂」から特定されるケースも多いです。

裏アカと同時に、SNSの交友関係から浮気相手を特定されることも少なくありません。

お酒で酔っ払ってしまってポロリ

浮気や嘘は、「お酒を飲んだ時」にもバレやすいものです。
酔った時に思わず浮気相手の名前を呼んでしまい、その場で浮気を追求されることになる人もよくいます。

お酒に酔った状態だと、いつもよりもボロを出しやすい状態なので、浮気のことを白状させたい場合は、狙い目かもしれません。

ただし、お酒を飲んだ時の言動は、後になってから「覚えていない」と否定されやすいのが難点です。

ドライブレコーダー

多くの車に搭載されている「ドライブレコーダー」も、浮気がバレやすいきっかけの一つとなっています。

ドライブレコーダーは車の外だけではなく、車内の映像も記録できるため、浮気相手と車で密会している場合、録画から浮気がバレる可能性があるのです。

ただし、人によってはドライブレコーダーの記録をしっかり消去して、浮気の証拠を残さないようにしている場合もあります。

噂話

浮気や嘘がバレるパターンとして、「噂話」がきっかけになることも多いです。
特に、浮気相手と一緒にいる現場を知人に見られてしまい、噂が広まるケースは定番となっています。

浮気中は、お互いに夢中になっているため、周囲が見えなくなってしまうもの。
本人たちは「誰にも見られていない」と思っていても、実際には浮気現場をかなりの人に目撃されており、知らない間に噂が大きくなっていることもあります。

嘘の見抜き方

嘘の見抜き方
浮気の嘘は、相手の顔をじっくり観察することで簡単に見抜くことができます。
嘘をついている時によく見られる特徴を覚え、嘘の見抜き方を身につけておきましょう。

目が左右にキョロキョロと動く

人は嘘をついている時に「目が左右にキョロキョロと動く」という特徴があります。
「目は口ほどに物を言う」ということわざがあるように、人間の感情は「目」に表れやすく、嘘をついている時も例外ではありません。

嘘をついている後ろめたさから、直接目を合わせたがらないため、結果的に目が泳いでしまうという傾向があります。

まばたきが多くなる

「まばたきが多くなる」というのも、嘘をついている人によく見られる特徴の一つです。
「嘘がバレたらどうしよう」という不安やストレスから、瞬きの回数が増えると言われています。

ただし、人によっては嘘がバレないように、敢えて「まばたきをしない」というケースもあるようです。

相手の目を鋭く見つめ無言の圧力をかけることで、「自分は嘘をついていない」と相手に信じこませようとする人には注意しないといけません。

1秒以上目をつぶる

「1秒以上目をつぶる」という行為がよく見られる時にも、嘘をついている可能性が考えられます。

「どうにかバレないようにしないと」という気持ちから、一度自分を落ち着かせたり、言い訳を考える時間を稼ぐために、目をつぶる癖がある人もいるようです。

まばたきを増えるケースと同様に、精神的なストレスや不安が大きく影響しやすいことが原因として挙げられます。

顔を掻き出す

浮気の追求を受けている最中に、相手が「顔を掻き出す」というしぐさを見せる場合も、嘘をついている可能性が高いと言えます。

ストレスを感じるとホルモンが分泌されやすくなる
人間の体は過剰なストレスを感じると皮膚にかゆみを引き起こす「ステロイドホルモン」が分泌されやすいという特徴があるからです。

つまり、真実を言っているのであれば、何も恐れる必要がないため、ストレス過剰で皮膚が痒くなることは考えにくいと言えます。

一方、嘘をついている場合は、「バレたらどうしよう」という不安があるため、過剰なストレスから体内でステロイドホルモンの分泌が促進され、皮膚が痒くなりやすいのです。

大量の汗をかく

「大量の汗をかく」というのも、嘘をついている人によく見られる症状です。
「嘘がバレそう」という緊張感やストレスが原因で、汗腺の動きを活発にする「交感神経」が優位に立つことから、汗をかきやすくなると言われています。

ただし、汗のかきやすさは個人差があり、ちょっとしたことでも赤面して汗をかきやすいタイプの方もいるので、体質のことも考慮しないといけません。

普段、滅多に汗をかかない人が汗をかいたり、しどろもどろの弁解をしながら汗をかいている場合は、嘘をついている可能性がありそうです。

嘘のつき方から浮気が発覚した場合の対処方法

嘘のつき方から浮気が発覚した場合の対処方法
嘘から浮気が発覚した場合、ショックを受けて今後の付き合いに悩む方も多いと思います。
どのようにしたらいいのか迷っている場合は、次の対処方法を参考にしてみてください。

様子をみる

嘘から浮気が発覚した場合、心の中で「すぐに別れたい!」という気持ちがないのであれば、まずは様子を見てみましょう。

浮気した相手は、関係を修復したいのか、別れを望んでいるのか。
それによって、決断が変わる場合もあるでしょう。

感情任せで判断してしまうと、後になってから「やっぱり別れるんじゃなかった」と後悔することもあります。
一度冷静になって二人の関係を見極めるための時間を作りましょう。

夫婦で話し合う

浮気のことがバレた場合、夫婦にとって一生つきまとう問題となるため、しっかり話し合うことが重要です。

本当に浮気相手を許せるかがポイント
特に、二人の関係を修復する場合、本当に浮気した相手を許せるかが大きなポイントになってきます。
いつまでも浮気のことを引きずり、ケンカの度に過去の浮気を責めてばかりいたら、上手くいくはずがありません。

お互いに歩み寄ることができるのか、お互い本音で話し合い解決する必要があります。

別れる(離婚する)

「浮気した相手をどうしても許すことができない」
「浮気相手と添い遂げたい」
互いに話し合った末、このような結論が出た場合は別れた方がお互いのためになります。

世の中には、浮気をされても別れないカップルもいますが、やはりどうしても許せないという方もいらっしゃいますよね。

浮気をされて傷つけられた上、さらに我慢して二人の関係を無理に続ける必要はありません。

浮気した相手と一緒にいるのが辛いと感じるなら、心に従って別れるのも一つの決断です。

浮気相手と別れてもらう

浮気が発覚しても、やはりお互いに好きな気持ちが残っており、別れたくないと思うなら、やり直す条件として、浮気相手と別れてもらいましょう。
二度と浮気をしないように、口約束ではなく、「誓約書」を書いてもらい残しておくのも一つの方法です。

「慰謝料」を上手く利用する
既婚者の場合は、浮気相手に「慰謝料」を請求することも可能。

もともと慰謝料を請求するつもりはなくても、浮気相手がなかなか別れてくれない場合、「別れないなら慰謝料を請求する」と言えば、相手が身を引くこともあるので、上手く利用してみましょう。

浮気の証拠を取るのが重要

浮気の証拠を取るのが重要
浮気をしていることを相手がなかなか認めない場合、そのまま話をうやむやにされてしまうと、気持ちがすっきりしませんよね。

そんな時は、相手が嘘をついていることを証明するため、「浮気の証拠」を取ることをおすすめします。

ただし、自力で浮気の証拠を見つけようと、無断で浮気調査アプリを使うと、逆に「違法行為」で自分の立場が悪くなる恐れがあるのでおすすめできません。

自力で集めた証拠は客観性にも欠けるため、相手に突きつけても言い返されてしまう可能性もあります。

では、相手が浮気を認めるような決定的な証拠は、どうやって手に入れたら良いのか?
それは、浮気調査を得意としている探偵事務所に依頼することです。

ポイント
プロの探偵事務所は、浮気調査のエキスパートで、使用する機材も本格的。
浮気の現場写真一つにしても、高性能な機材を使用するため、顔がしっかり判別できる鮮明な写真を撮影してくれます。
また、探偵事務所が作成する報告書は、いつ、どこで、何をしていたのか、具体的で正確な情報が記載されているため、嘘が通用しません。

探偵事務所が集める浮気の証拠は、裁判でも正式な証拠として採用されるケースも多く、相手に浮気を認めさせたい時には非常に有効な手段です。

まとめ

今回は浮気の典型的な嘘のつき方についてご紹介しましたが、もともとの性格など個人差もあるため、代表例に当てはまるからと言って、必ずしも嘘をついているとは限りません。
本人の性格も加味しながら、嘘の特徴と照らし合わせて総合的に判断することが重要です。

そして、浮気をしている確信があるけど、どうしても相手が認めようとしない場合は、言い逃れができない明確な浮気の証拠を見つけましょう。

探偵事務所が集める浮気の証拠なら、浮気の正確な日時までしっかり記録しているため、相手も浮気を認めざるを得ない状況になりやすいです。

慰謝料を請求する場合も、探偵事務所の証拠が有利に働く可能性があるため、相手の浮気を証明したい場合は、プロに依頼することも検討してみましょう。